疲れ顔と睡眠の関係:寝不足でここまで顔は変わってしまう?!

 

 

 

【寝不足の顔が最悪な理由…】

 

睡眠は人間の健康と美容にとって重要なもの。

 

人間には眠っている間に日中の疲れ、ダメージを回復させる機能が
備わっています。

 

特に、深い眠りの「ノンレム睡眠」時に放出される
「成長ホルモン」は体内の細胞のダメージを修復し、
お肌の新陳代謝を活発にします。

 

そのため、深い眠りにしっかり入るということは
肌のダメージを回復させ、肌表面を美しくするために
必須なのです。

 

 

そのため、寝不足が続くとお肌にはこんな症状が
表れてしまいます。

 

・肌荒れ
・目の下のクマ
・目の充血
・肌のくすみ
・むくみ
・たるみ、シワ …などなど

 

これらが「疲れ顔」の特徴。
寝不足だと肌のダメージを回復しきれないので
シミなども出やすくなるそうです。

 

 

【疲れ顔はプラス○歳に見える!】

 

寝不足の疲れ顔は
目が腫れぼったく充血していて、顔色はどよーん…、
肌はガサガサ…と、まるで別人のように見えてしまいます。

 

 

一般的に、疲れ顔だと実年齢よりも5歳も老けて見えるとか!

 

「疲れた老け顔」がいつもの顔だと思われないように、
質の良い睡眠を心がけて疲れ顔にならないようにしたいものですね。