疲れ顔ってどうしてなるの?疲れ顔の原因とは

 

 

 

お疲れ顔ってどんな時になるか意識したことが
ありますか?

 

考えてみると、寝不足の時や、夕方などに
出やすいのではないかと思います。

 

なぜ、寝不足や夕方に疲れ顔になってしまうのか?
その理由を解説したいと思います。

 

【疲れ顔の原因@血行不良】

 

睡眠不足や体の疲れは血行不良の原因となります。
お顔の血行が悪くなると、
必要な酸素や栄養が行き渡らない状態に。

 

そうするとお肌はハリを失い、目の下にはクマが出て
疲れた感じになってしまいます。

 

 

【疲れ顔の原因A新陳代謝の低下】

 

血行不良状態が続いたり、心にストレスを抱えて内臓が弱ると
新陳代謝が低下してしまいます。

 

新陳代謝が低下すると肌にくすみやシミが出やすくなり、
顔色が悪く、どよーんとした印象を与えてしまいます。

 

 

【疲れ顔の原因B表情筋のこわばり】

 

仕事に集中して表情をほとんど動かさない状態が続くと、
顔の筋肉(表情筋)がこわばり、固まってしまいます。
筋肉がこわばると、その上にある皮膚のハリも低下してしまいます。

 

夕方に疲れ顔になるのは、表情筋がこわばって
表情が乏しくなるからなのです。

 

 

【疲れ顔の原因Cスキンケア不足】

 

最後の原因はずばりスキンケア不足です。
疲れているからと言ってスキンケアを怠ると
肌の保水力やバリア機能が低下し、ガサガサしたり、吹き出物が出たりして
ますますお疲れ顔になってしまいます。

 

 

 

【まとめ】

 

お疲れ顔の原因は大きく分けると以上の4つ。
原因が重なっていることも少なくありません。

 

疲れ顔のケアをしたいなら、原因を知って
総合的に対策していくことが大切と言えるでしょう。